インターネットVPNとは?

HOME » 固定IPについて » インターネットVPNとは?

インターネットVPNとは?

インターネットVPNは、インターネット回線上の各拠点に、インターネットに接続したVPN機器を介することにより、仮想的な専用線網を構築します。
また、インターネット回線上ではセキュリティ対策として、通信データの暗号化した状態で通信されます。
暗号化されると、第三者に通信データを改ざんする事や、見られることはなくなります。
通信データの暗号化には、主にIPsecやPPTP、SSLなどの通信プロトコルが利用されることが多いです。
例えば、企業などが離れた各拠点の、構内ネットワーク(LAN)を利用し、効率よく運用します。
また、社内の従業員などがインターネットを通じてLANにアクセスするのに利用します。

インターネットVPNのメリットは、価格の安さです。
同じような条件で、料金を比べると、約十分の一程度の値段になる場合もあります。
インターネットに接続できれば、プロバイダ自由に選ぶことが出来る、プロバイダは混在でも利用可能です。
ユーザ側で、認証/暗号化方式が選ぶことが出来ます。

VPNには大きく分けて2つのタイプがあります。
インターネットVPNと、クローズドVPNです。
インターネットVPNは、光やADSL等の価格の安いブロードバンド回線を、利用して通信します。
クローズドVPNは、インターネットを利用せずに通信事業者などの閉域網内で通信します。

固定IPについて | 11月01日更新